パワプロ劇空間

パワプロの再現選手や栄冠ナイン、高校野球について語ります

選抜の見どころ①

3月18日(月)から開幕する第96回選抜高校野球大会。今回は個人的な注目ポイントを述べていきます。

見どころ①:低反発バット

やはりこれが一番の注目ポイントでしょう。「飛ばない」の声がよく聞かれますが、とにかくどれだけ芯に当てられるかが重要。各チーム秋以降から本格的に練習されているようで、どこまで対応力を磨けているでしょうか?

見どころ②:(個人的に)勝ち上がりそうなチーム

冬場は高校生が成長するとよく言われますので、予想以上に飛ばせるチームもある可能性はありますが、おそらくはロースコアの試合が多くなると予想します。長打に期待できないのであれば、必然的に投手力と走力が重要な要素となります。すなわち、スモールベースボールがポイント。この点から勝ち上がりそうなチームは下記の通り。

愛工大名電:近年は脱却していますが、伝統とも言える送りバントは健在。散々、こけにして来ましたが、今回ばかりはバントが一番使えると思います。また、1年生から注目している伊藤や大泉、古谷などの投手陣も豊富。

中央学院:かつての健大高崎を彷彿とさせるかもしれない機動力。日頃から走塁練習に力を入れており、俊足な選手も多数。投手陣はタイプの異なるピッチャーを3人擁しており、上手くいけば上位に行ける可能性がある。

創志学園:名将門馬監督のアグレッシブベースボール。盗塁、エンドランなどで仕掛ける攻撃は相手に脅威。飛ばないバットが導入されても、ディティールを追求するスタイルは変わらない。ハマれば上位進出はあり得る。

熊本国府初出場ながらも守備を信条とする、言わば前橋育英の様なスタイル。打たせてとるピッチングの坂井、控えのサウスポー植田の投手陣も盤石。新バットは打球音の判断も難しいとのことですので、そのあたりの対応レベルにも注目したい。

あとは広陵報徳学園の様な、春将軍も変わらず有力かと思いますが、例年以上に混戦になるのではないでしょうか? まあ、あくまで個人的な見解ですし、私自身も選手権のようなガチ予想を行う気はありませんので、「ふーん」の様な感じでお願いします(笑)。

見どころ③:注目選手

モイセエフ・ニキータ(豊川)

両親がロシア人の日本育ち。3番バッターとしてチームの中心打者を担う。尊敬するプロ野球選手はソフトバンクの柳田。身体能力の高さも気になるところである。

洗平比呂(八戸学院光星)

プロ野球選手である竜也氏を父に持つサウスポー。今年のドラフト候補としても注目され、23年夏の甲子園ベスト8の原動力にもなった。特にスライダーのキレが良く、高い奪三振率で打者を打ち取る。因みに比呂の名前の由来はH2の国見比呂から。

徳丸快晴(大阪桐蔭)

この選手の特徴はなんと言っても『両投左打ち』。外野を守る際は左投、内野を守る時は右投と臨機応変に使い分ける。西谷監督によれば、あくまでスクランブル用のフォーメーションであり、基本的には外野で起用されるとのこと。高校通算26本塁打のパワーにも注目だ。

小川哲平(作新学院)

正直、昨春はあまりすごいとは思えなかったが、1年を経てチームのエースに。江川卓2世との呼び声もあるが、本人は「まだまだ」と謙遜している。球種はカーブ、スライダー、カットボール、チェンジアップ。

冷水孝輔(耐久高校)

昨年から「すごいインパクトのある名前だな」と思っていたら、須磨翔風兵庫県勢を連破して初の甲子園に。耐久と言う校名もなかなか特徴的。冷水投手の持ち球はカットボール、縦スライダー、ツーシーム。チームの大黒柱として、強豪校撃破に燃える。因みに、耐久高校の名前の由来は、幕末の国際情勢に備える人材育成のために開いた稽古場「耐久社」が由来であるとか。

(つづく)

【パワプロ2023】芦田丈飛(埼玉武蔵ヒートベアーズ→オリックス)

1. 基本情報

芦田 丈飛(あしだ たけと)

生年月日:2000年2月9日

出身:千葉県

身長:185cm

体重:95kg

打席:右投右打

ポジション:ピッチャー

2. 経歴

・大和田西小学校(大新ジャガーズ)

・大和田中学校(習志野ボーイズ)

・千葉英和高校

国士舘大学

・埼玉武蔵ヒートベアーズ

オリックス(23年育成ドラフト4位)

3. 選手としての特徴

・ストレートはMAX.152km/h。

・球種はフォーク、スライダー、カーブ、ツーシーム

・身体能力も高く、50m走のタイムは6秒0。

・チームでは基本的に中継ぎを務める。

・投手王国オリックスの次の注目ピッチャーとして、NPB1年目に挑む。

4. 査定

5. 査定ポイント

(基礎能力)

コントロールF33:四球率は3.5だが、試合映像を見る範囲ではコントロールのばらつきが多い印象。

スタミナF38:平均投球イニングは1〜2回。中継ぎ登板がほとんど。

変化球:シンキングツーシーム、フォーク、スライダー。ツーシームの変化量が一番多い。

(特殊能力)

クイックC:クイックタイムは1.08〜1.13秒(手動計測)。

対左打者E:対左打者被打率は.257。対右は.222。

ノビE:被打率は9割近い。ノビが課題。

シュート回転:試合映像から。ナチュラルシュートと悩んだが、常にシュート回転しているわけではないので。

パワナンバー:12600 12304 24888

【パワプロ2023】宮里優吾(東京農業大学→ソフトバンク)

1. 基本情報

宮里 優吾(みやさと ゆうわ)

生年月日:2001年9月27日

出身:東京都

身長:181cm

体重:90kg

打席:右投右打

ポジション:ピッチャー

2. 経歴

・渋谷本町学園小学校

・渋谷本町学園中学校(練馬北シニア)

岩倉高校

東京農業大学

ソフトバンク

3. 選手としての特徴

・ストレートはMAX.155km/h。

・球種はフォーク、スライダー、カーブ、ツーシーム

・落差の大きいフォークで三振を奪いとる。

ウェイトトレーニングに励み、1年間で8km/h球速がアップ。

・OB千賀に憧れ、育成からのステップアップを目指す。

4. 査定

5. 査定ポイント

(基礎能力)

コントロールE47:四球率は1点台であるが、コントロールはバラついている。

スタミナF38:平均投球イニングは1〜2回。基本的には中継ぎ登板がメイン。

変化球:フォーク、スライダー、カーブ。特にフォークのキレが素晴らしい。

(特殊能力)

球速安定:常時150km/h以上のストレートを投げ込む。

ゴロピッチャー:打たせてとるピッチングが持ち味。

シュート回転:抜け球で右バッターに死球を与える場面も。

ノビE:回転効率が悪く、捉えられやすいのが課題。

パワナンバー:12400 92373 22247

【パワプロ2023】藤村大介(2011 巨人)

2007年選抜ベスト4に導いたキャプテン

1. 基本情報

藤村 大介(ふじむら だいすけ)

生年月日:1989年

出身:熊本県

打席:右投左打

ポジション:セカンド、ショート、外野

2. 経歴

・熊本工業

・巨人(2008〜2017)

3. 2007年選抜

第79回選抜甲子園。熊本工業のキャプテンとして、藤村は前年の夏に続いて出場。当時からスピードスターとして有名であり、先頭バッターとしてチームの切込隊長を担っていた。初戦はタイムリスリーベースを放つ活躍で、県和歌山商業との打ち合いを制して2回戦へ。次の相手は千葉経大付。2006年秋の明治神宮でも対戦していた相手には、現・巨人の丸がエース兼3番打者として出場していた。自称丸ボールと呼ぶシンカーで初回は内野ゴロに倒れたが、第2打席では四球を勝ち取ると、足で揺さぶり先制のホームを踏む。その後は投手戦となり迎えた8回。同点のチャンスで再び藤村vs丸。ここで藤村がタイムリーを放って試合は同点に。その後、逆転した熊本工業であったが千葉経大付属も最終回に同点に追いつき延長戦へ。迎えた12回表、1アウトから藤村が内野安打で出塁すると、すぐさま盗塁。ここで相手キャッチャーの悪送球もあって一気に3塁へ。続くバッターの内野ゴロの間にホームを陥れて勝ち越しに成功。自身の足で激闘を制した熊本工業は準々決勝で報徳学園を下して勢いに乗っていた室戸(高知)を撃破しベスト4に進出する。

↑先制ホームインする藤村。左は丸。

決勝をかけた準決勝の相手は常葉菊川(静岡)。田中健二郎(元DeNA)相手に、藤村は2回に2点タイムリー3ベース。4回にもこの試合2本目の3ベースを放ち、リードを迎えて終盤へ。4-3と1点リードで最終回を迎えたが、投手陣が土壇場で逆転を許す。2点を追うその裏、頼みの藤村は内野ゴロに倒れ、後続も三振でゲームセット。惜しくも決勝進出を逃した。

4. 2011年

ドラフト1位で巨人に入団して4年目。当時の原監督から期待されてシーズンインすると、4月に初の一軍出場を果たす。仁志の退団以降、セカンドを固定しきれていなかったチームの中で、持ち前の俊足でレギュラーの座を勝ちとることに成功する。打力は高くなかったが、バントや足を活かした盗塁、内野安打で貢献する。印象的なのがシーズン終盤の阪神戦。CSの座を巡って争っていた中、サヨナラのチャンスで打席を迎える。代打を送られる場面が多かったが、この時はそのまま打席に向かうと、マウンドには藤川球児。カウント2ボール1ストライクから迎えた4球目。外角のストレートを左中間に弾き返すサヨナラタイムリーを放った。このシーズン、打率は2割台前半ながらも28盗塁で見事盗塁王を獲得。巨人では史上6人目の盗塁王に名を刻んだのであった。

5. 査定

2011年成績 119試合 打率.222 28盗塁 30犠打 

6. 査定ポイント

チャンスC得点圏打率は.293 ランナーなし時は.220。Bでも良いが、打席数がそこまで多くないのでCに。

盗塁B:成功率は80%。Aでも良いですが、企図数が若干少なめなので。

内野安打○:21本。率は26.9%

サヨナラ男:前述の通り。あの一打は個人的に印象深い。

送球Fスローイングは課題。失策数は少なかったが。

パワナンバー:12800 42322 26887

【パワプロ2023】田上優弥(日大藤沢高校→巨人)

1. 基本情報

田上 優弥(たのうえ ゆうや)

生年月日:2005年6月8日

出身:神奈川県

身長:181cm

体重:82kg

打席:右投右打

ポジション:ショート

2. 経歴

・沢山小学校(沢山ホークス)

・坂本中学校(神奈川ボーイズ)

日大藤沢高校

・巨人(23年育成ドラフト4位)

3. 選手としての特徴

・広角へのバッティングと高い守備力が特徴。

・50m走のタイムは6秒3。

・遠投は100m。

・高校通算11本塁打

坂本勇人の様なタイプに近く、走行守に優れた選手への成長が期待される。

4. 査定

5. 査定ポイント

(基礎能力)

ミートF21:コンタクト能力には課題を残す。

パワーE42:どちらかと言うと中距離ヒッタータイプ。

肩力D55:肩力はまずまず。

守備力D50:前に出ての守備やイレギュラーバウンドした当たりにも瞬時に対応できる。

(特殊能力)

チャンスC:チャンスではしっかり打点を挙げる勝負強い。

送球C:正確なスローイングが持ち味。

ローボールヒッター:低めのボールをスタンドに運ぶ。

三振:三振数は多い。

パワナンバー:12700 62332 47055

【パワプロ2023】MLB選手作成一覧

MLB選手作成記事一覧

スプリンガー

アルトゥーべ

ヒックス

菊池雄星

グリエル

ペドロ・マルティネス

ベッツ

大谷翔平

カート・シリング

ランディ・アロザレーナ

ゲリット・コール

J.T.リアルミュート

クリスチャン・イエリッチ

藤浪晋太郎

デラクルーズ

ドミンゴ・ヘルマン

チャップマン

アラエス

イチロー(2012)

田口壮

ピート・アロンソ

ベン・ジョイス

岡島秀樹

マグワイア

エドウィン・ディアス

黒田博樹

ロビンソン・カノ

タティス Jr.

マックス・シャーザー

アクーニャ Jr.

ジャスティン・バーランダー

パトリック・サンドバル

イチロー

ノーラン・アレナド

前田健太

澤村拓一

マニー・マチャド

ラーズ・ヌートバー

斎藤隆

クレイグ・キンブレル

ダルビッシュ有

イチロー(2004)

エリック・ガニエ

アンドレルトン・シモンズ

アルバート・プホルス

バリー・ボンズ

マイク・トラウト

デビッド・オルティーズ

ジェイコブ・デグロム

デレク・ジーター

ランディ・ジョンソン

マリアノ・リベラ

グレッグ・マダックス

アーロン・ジャッジ

 

【パワプロ2023】清水麻成(樹徳高校→DeNA)

1. 基本情報

清水 麻成(しみず まなと)

生年月日:2005年10月6日

出身:群馬県

身長:186cm

体重:75kg

打席:右投右打

ポジション:ピッチャー

2. 経歴

・市立綿打中学校

・樹徳高校

DeNA(23年育成ドラフト2位)

3. 選手としての特徴

・ストレートはMAX.146km/h。

・球種はカーブ、スライダー、ツーシーム

・中学までは外野手で、高校入学後に投手に転向。

・長身から投げ下ろすボールには角度がある。

・23年夏の群馬大会では打撃でも活躍し、盗塁やランニングホームランも記録した。

・素材型として魅力があり、DeNA陣営は将来性に期待する。

4. 査定

5. 査定ポイント

(基礎能力)

コントロールF33:制球力には課題を残す。

スタミナF38:平均投球イニングは5~6回。

変化球:カーブ、スライダー、ツーシーム。基本的にはほとんどがストレートとカーブ。変化の大きさは今後の課題。

(特殊能力)

牽制○:間合いを長くしてランナーを誘い出してアウトにできる。

ノビE:被打率は高い。

クイックE:クイックタイムは1.28〜1.32秒。

対ランナー×:ランナーを一塁に置いた場面ではコントロールが乱れがち。デッドボールを与える場面も。(23年夏群馬大会の高崎商業戦の試合映像から)

パワナンバー:12900 62342 06600